80%以上の方が満足??ステンレスがおすすめ 2017年度 ワイヤー

サーペントミニ2個で両方反応がおかしかったのスパイラルにしてから巻いたら問題なく使えました。ただ細すぎるためかデッキのポールにイモネジできつく締め付けすぎるとすぐ断線してしまうので固定の力加減に慣れが必要なようです。次は#30をまた購入します。

コチラです!

2017年11月01日 ランキング上位商品↑

ステンレス ワイヤーA2-01 UD 正規品 SS316L ステンレスワイヤー 温度管理&Wモード 電子タバコ用品 ビルド コイル

詳しくはこちら b y 楽 天

個人的にはリキッドに危険な成分が入っていれば持病の関係で直ぐに判ります、プラスして影響しうる要因として多分これもあると思うのですが、コイルのガンク、焦げ、これはどうしても体に悪い気がするのでコイルは意識して頻繁に換える様にしています。シングル2.5mくらい?11巻きで約0.65Ω。カンタルよりこちらがオススメですね。お勧め出来ます市販コイルのリビルド用に30GのSS316Lが欲しかったのですが取り扱い店舗が無く諦めていたところでした内径1.5の10巻き(1Ω以下では動作しないMOD)でバッチリ動作味!煙の量も市販コイルと変わらず満足しています星4にしたのは!ワイヤーの糸巻きがイマイチで!気を付けないとバラバラとワイヤーが出てしまう点ですその他!なんの不満も無い製品と思われますTCをメインに使う人が多いですがVWでも使えるのが最大の利点だと思います。30gは見た目で結構細く私が持っているコイルジグで綺麗に巻けないので(28も)手巻きしています。めちゃくちゃイイですよ!カンタルより柔らかく癖もなく巻きやすいビルドも慣れてきたので温度管理用に購入。28!30に続いて#32購入です。リビルド用に購入しました。私は温度管理では使用してないのですが立ち上がり早いのでtowsubでもいい感じのミスト温度で吸えました。基本高抵抗での使用が望ましく思えるので1Ω以上に巻けるようにしていますが!シングルコイルで〜1.4Ω程度にしたい場合は#28!1.5―2.5Ωにしたい場合は#30を使用しています。そしてカンタルより巻くとき扱いやすく感じました。マイクロで巻くと少し焦げやすく感じました。カンタルより柔らかく巻きやすかったです。SSワイヤーの追加購入。コンパクトに巻いて抵抗値が稼げるので とても使いやすいです。抵抗値はカンタルより低め、3ミリ10巻きマイクロデュアルで0.31Ω位でした。サイズ違いを購入したので色々試せるので!楽しめます。GeekVapeのワイヤーよりコンパクトに巻いてあるのはいいのですがケースはGeekVapeの方が使いやすいです。初挑戦のビルド用に購入(Serpent Alto)。当たり前ですが!カンタルより柔らかいですね。またModでのSS温度管理モードも正常に作動し使えてます。この28gaで2.5と3mm内径で普通にマイクロコイル出来ました。カンタルとちがい少し柔めでビルドしやすく味も良くゆうことないです。メインで使用しているサーペントミニだと扱いにくいかと思いましたがはじかれるクラプトンワイヤーよりはまだ30gの方が簡単にネジ押さえできました。TC勉強したいけど良くわからないって人も安心してVWモードで使えるスグレモノ。見た目#30とそんなに変わらない様にも見えますが!28,30はコイル巻いている時などに指先に刺さって流血する程度には張りが強いですが!32は流石にグニャっとしやすいです。高めの抵抗値で組みたかったので!細く柔らかいことで整形後変形しやすいリスクは覚悟の上買いましたが!失敗せず最初から成功。カンタルに比べ抵抗値は低く!熱を持ちやすい(放熱が遅い)です。Vapeの安全性について!ここ5,6年のもので!色々煩い米国でも最近やっとFDAが手を出してきたレベル!リキッドに危険な成分が無くても「Vape」自体が体へ影響があるか無いかははっきり判るのはかなり先のことだと思います。シングルで1.5-2Ωにしているので個人的には#30が一番程よく使用頻度も高いです。使用範囲が広がるのでSSは便利です。立ち上がりはカンタルより若干いいですね。ssワイヤーは他の素材より味に影響が少ないです。カンタルだとバーンしてもすぐ茶色く変色して汚れやすくなり、味も落ちましたが。。私はss以外の素材だと金属臭さが最初から気になって場合によっては体調が酷く悪くなるので基本ステンレススチールワイヤーしか使いたくないです。カンタルだと立ち上がり遅いですがss316ならこれだけ巻いても問題なく吸えました。26g購入。高抵抗にしたいので28Gと30G購入しました。30ゲージのワイヤーは他のお店ではあまり取り扱いを見ないのでこちらで購入できて有難いです。ワッテージモードにも対応してるので初心者向きのワイヤーです。ややスペースドにすると改善しました。SSはそのあたりの耐久性がよいようです。温度管理するために使用しました28Gは若干細くてビルドし難いので26Gがお勧めですSS素材自体の抵抗が低いのでDualにするとかなりの低抵抗セットになります自分はステンレスはSingle運用ですねあと!最近はKantalのClaptonビルド煮詰めているので個人的にTC系のSS!Ni!Tiの必要性を感じない(笑)商品は良いですよ。温度管理も通常使用も可能なSSコイルはお勧めです。高抵抗が好みなので細目のものを選んでいますが、#32はデュアルで1.5Ω以上にするのには便利だと思います。